田舎のダンス

Dance in the Country 1883年 180.0cm x 90.0cm
フランスの画家ピエール=オーギュスト・ルノワールによる1883年の油彩絵画。現在は、パリのオルセー美術館に所蔵されている。1882年、画商のポール・デュラン=リュエルが舞踏会を主題に注文、1886年に購入した作品である。 最初の展示は1883年の4月で、彼は1919年にルノワールが死去するまでそれを所蔵していた。 ルノワールは同年、同じテーマで『都会のダンス』という作品も描いている。ルノワールは1881年にイタリアを訪れており、そこでラファエロの作品に感銘を受け、印象派からの脱却を図った。 『田舎のダンス』はこの時期の作品である。作品は、栗の木の下で踊る男女を描いている。 男性は画家の友人ポール・ロートで、女性はのちに画家の妻となるアリーヌ・シャリゴである。