マドリード、1808年5月3日

El tres de mayo de 1808 en Madrid 1814年 266.0cm x 345.0cm
本作は連作になっており『1808年5月2日、エジプト人親衛隊との戦闘』後、1808年5月2日夜間から翌5月3日未明にかけてマドリード市民の暴動を鎮圧したミュラ将軍率いるフランス軍銃殺執行隊によって400人以上の逮捕された反乱者が銃殺刑に処された場面を描いた作品である。背後の暗闇に王宮が浮び上がる中で、明るく照らされた一人の男に処刑隊の銃弾が向けられた瞬間が描かれている。両手を大きく広げた白い服の男性の右手には殉教者の証である聖痕が見える[1]。処刑を命じられたフランス兵は、誰一人として市民を直視することができず、全員が目を伏せている。