オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由-

国立新美術館 | 2014年07月09日 ~ 2014年10月20日
1 Works
4 Visiters
1 Followers
849 Page Views

オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由-

「印象派の殿堂」として知られるパリ・オルセー美術館から、珠玉の絵画84点が来日。テーマは「印象派の誕生」。1874年の第1回印象派展開催から140年 ― パリの美術界を騒然とさせた「新しい絵画」の誕生の衝撃が、選りすぐりの名画によって東京・六本木に鮮やかによみがえる。マネに始まり、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌら印象派の立役者となった画家たちの作品はもちろんのこと、同時代のコローやミレー、クールベのレアリスムから、カバネル、ブグローらのアカデミスム絵画まで、まさに時代の、そしてオルセー美術館の「顔」ともいうべき名画が集結。