ブリューゲル、レンブラント、ルーベンス バロックの巨匠たち

姫路市立美術館 | 2017年02月08日 ~ 2017年03月28日
0 Works
1 Visiters
0 Followers
353 Page Views

ブリューゲル、レンブラント、ルーベンス バロックの巨匠たち

今日多くの人に親しまれている「バロック」という言葉は、「いびつな形の真珠」という意味のポルトガル語 「バロッコ(barroco)」に由来し、ひとつの時代を総称する言葉として19世紀の後半から使われるようになりました。ルネサンスと並ぶ時代精神の表現である「バロック」は、16世紀末のイタリアから始まり、やがてヨーロッパ全土へ伝播し、さらに中南米文化にまで影響を与えました。本展覧会は、「バロック」を主に16世紀末から18世紀初頭にかけて西洋の広汎な地域に表れた多様な美術様式と捉え、4つのセクション(イタリア絵画、オランダ絵画、フランドル絵画、ドイツ・フランス・スペイン絵画)44点からその展開を一望します。
該当する作品はありません。