0 Works
2 Visiters
0 Followers
461 Page Views

青森県立美術館

2006年7月13日に開館した青森県青森市の郷土文化を紹介するための施設である。所在地は青森県青森市大字安田字近野地内。三内丸山遺跡の隣に位置する。「県美」と呼ばれることが多い。青森県文化観光部県立美術館開館準備局が計画を行ってきた。2005年9月には建築関係者向けの内覧会が行われ、300人の建築業界の人が全国から集まった。2005年10月30日には「始動する青森県立美術館」と題して、東京芸術大学助教授の熊倉純子をコーディネーターに、青木淳、青森出身の奈良美智、青森県知事三村申吾による「竣工記念シンポジウム」があり、青森県立美術館は抽選により選ばれた県民の見学者に一般公開された。美術館運営に独立採算制を求める青森県知事三村申吾の意向により、開設直前に館長になると見られていた学芸員が青森県立近代文学館へ更迭される。以来しばらく知事が館長兼任という体制で運営が行われていたが、2009年1月
該当する作品はありません。