0 Works
3 Visiters
1 Followers
774 Page Views

ピカソ美術館

フランスの首都・パリの3区にある美術館。パリ国立ピカソ美術館 (Musée National Picasso ,Paris ) ともいう。ピカソ美術館は、その名のとおり画家パブロ・ピカソの作品を収蔵・展示している国立美術館で、パリ3区の南部に位置している。その収蔵品は、ピカソの遺族が相続税として物納した作品が中心となっており 、1973年に死去したピカソが最後まで手元に留めていた貴重なものが多い 。「青の時代」と呼ばれている初期の代表作『自画像』をはじめとして、『籐椅子のある静物』、『肘掛け椅子に座るオルガの肖像』、『浜辺を駆ける二人の女 (駆けっこ)』、『牧神パンの笛』、『ドラ・マールの肖像』、『接吻』などを収蔵している。美術館の建物は、もともと塩税徴収官の邸宅であったことから、「サレ館(塩の館)」と呼ばれている。1656年から1659年にかけて建築家ジャン・ド・ブイエに
該当する作品はありません。