ジュ・ド・ポーム国立美術館

0 Works
0 Visiters
0 Followers
655 Page Views

ジュ・ド・ポーム国立美術館

フランス、パリのコンコルド広場のほど近くにある美術館。ジュ・ド・ポーム国立ギャラリー、ジュ・ド・ポーム美術館とも呼ばれる。建物はナポレオン3世期にチュイルリー公園の一角に建造された。ジュ・ド・ポームの名は、建物内部にかつてローンテニスの前身であるジュ・ド・ポームのコートが作られていたことに由来する。1909年、テニスコートが展覧会会場に改装された。その後、美術館として外国人作家の絵画作品を常設展示するようになり、1930年代には同時代の美術を扱う美術館として、モディリアーニやヴァン・ドンゲン、ピカソ、シャガール、ハイム・スーチン、ホアン・グリス、藤田嗣治らエコール・ド・パリの画家たちの作品を収蔵していた。ナチス・ドイツのフランス侵攻により、フランスがドイツの占領下におかれた第二次世界大戦中には、ユダヤ人から没収した美術コレクションがジュ・ド・ポームに集められた。
1947年、ジュ
該当する作品はありません。