アルテ・マイスター絵画館

3 Works
2 Visiters
0 Followers
800 Page Views

アルテ・マイスター絵画館

ドイツのドレスデンに位置する美術館。日本では「古典絵画館」、「古典美術館」といわれることもある。ドレスデン美術館を構成する12の美術館の一つで、ザクセン州が管理している。アルテ・マイスター絵画館が所属する絵画群は15世紀から18世紀のものがほとんどで、特に17世紀のルネサンス期、バロック期のイタリア絵画、オランダ絵画、フランドル絵画が主要なコレクションとなっている。また、これらの他にもドイツ、フランス、スペインの著名な画家たち(アルテ・マイスター)の作品が所蔵されている。2008年には536,000人がこの美術館を訪れた。絵画のコレクションは、16世紀にザクセン選帝侯が自身の「驚異の部屋」を設立したのが最初である。しかしながら絵画の重要度は低く、科学関連、絵画以外の芸術作品などのほうが、より積極的に収集されていた。絵画を系統立てて収集し始めたのは、ザクソン選帝侯アウグスト1世とその息子アウ
該当する作品はありません。