ローマ現代アート美術館

0 Works
0 Visiters
0 Followers
489 Page Views

ローマ現代アート美術館

ローマ市立の美術館で、市内中心部のピア門近くにある。ローマ市内南部ピラミッド近くのテスタッチオには、その第二部門である「マクロ・フューチャー」(MACRO Future)がある。1883年に「ローマ市立モダン・コンテポラリーアートギャラリー」として創設。ムッソリーニ時代、第二次世界大戦後の混乱期など、19世紀の終わりから20世紀初頭にかけて、さまざまな苦難を乗り越え、1999年よりペローニ社の旧ビール工場跡に新創設。この新しい美術館をローマ現代アート美術館(マクロ)と呼ぶようになった。
2010年に[1]、フランス人建築家オディール・デック(英語版)(Odile Decq)により新改築された。
該当する作品はありません。