ヒアシュプロング美術館

0 Works
0 Visiters
0 Followers
362 Page Views

ヒアシュプロング美術館

コペンハーゲンにある美術館である。タバコ産業で財を成した実業家のハインリヒ・ヒアシュプロングは芸術家のパトロンでもあり収集家でもあった。ヒアシュプロングは自身のコレクションを1902年にコペンハーゲンに寄贈し、1911年より一般公開されるようになった。クリストファー・ウィルヘルム・エッカースベルグ、ウィルヘルム・ベンズ、ヴィルヘルム・ハンマースホイ、ピーザ・スィヴェリーン・クロイアー、フレツ・スュベア、ミハエル・アンカー、クリスティアン・サールトマンなど、デンマーク黄金時代の絵画が中心となっている。
該当する作品はありません。