0 Works
1 Visiters
0 Followers
366 Page Views

原美術館

東京都品川区北品川にある、原俊夫が設立した現代美術を中心とした私立美術館である。別館のハラ ミュージアム アークが群馬県渋川市に開設されている。JR品川駅から車で5分ほどの住宅街のなかにある原美術館は、東京ガス会長、日本航空会長、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)総裁などを歴任した実業家・原邦造の邸宅であった。原邦造の養父の原六郎も実業家・美術品収集家として知られている。原美術館が活用している邸宅は、原邦造の私邸として渡辺仁が設計し、昭和13年竣工したものである。渡辺は上野の東京国立博物館本館や銀座の和光本館(旧服部時計店)の設計で知られる、当時の代表的な建築家である。原美術館は、財団法人(現・公益財団法人)アルカンシェール美術財団を母体として昭和54年に開館した。現代美術の最新の動きを紹介する意欲的な展覧会を随時行っており、「ハラ・アニュアル
該当する作品はありません。