サントリー美術館

0 Works
2 Visiters
0 Followers
297 Page Views

サントリー美術館

東京都港区赤坂九丁目にある、日本の古美術が中心の私立美術館である。運営は、公益財団法人サントリー芸術財団。飲料メーカーのサントリー社長・佐治敬三が1961年、「生活の中の美」を基本テーマとして、千代田区丸の内のパレスビル内にサントリー美術館を開館。1975年に赤坂のサントリービルに移転し、2007年に現在の東京ミッドタウン内に移転した。古美術を中心とした美術館には戦前の実業家のコレクションを母体としたものが多いが、サントリー美術館のコレクションは、戦後に、1つのテーマをもって集められたものである点がユニークである。江戸切子・薩摩切子・エミール・ガレ等のガラス工芸品も代表的なコレクションのひとつ。近現代美術を収集していた大阪府大阪市港区のサントリーミュージアムとは好対照である。
該当する作品はありません。