セント・ジェームズ宮殿

1 Works
0 Visiters
0 Followers
643 Page Views

セント・ジェームズ宮殿

ロンドンにある最も古い宮殿の一つ。セント・ジェームズ公園のちょうど北側、ポール・マルにある。宮殿はヘンリー8世の命令で、聖ジェームズに捧げられたハンセン病患者用病院がかつてあった場所に建てられた。新宮殿は、ヘンリー8世がホワイトホール宮殿に次いで肩入れしたもので、4つの中庭を囲むテューダー様式の赤煉瓦で建設された。多角形の小塔の側に立つ門番小屋が、今も北側に残る。ホワイトホール宮殿が火事で使用できなくなった1698年から、ロンドンでのステュアート王家の第一の王宮となり、王朝の行政の中枢となった(この役割は今も残る)。メアリー1世はここで亡くなり、彼女の心臓と内臓は宮殿内の王室礼拝堂に埋葬された。エリザベス1世は、スペインのアルマダ艦隊がイギリス海峡を航行するのを待つ間、夜をこの宮殿で過ごしたと言われている。チャールズ1世は、処刑前夜にここに泊まり、少なくともぐっすり眠った。オリヴァー・クロ