ヴァロットン

1865.12.28 - 1925.12.29
2 Works
0 Followers
638 Page Views

ヴァロットン

スイスの画家、グラフィック・アーティスト、現代木版画発展期の重要な人物。ヴァロットンはローザンヌの保守的な中流の家庭に生まれた。ローザンヌ・カントナル大学に進み、1882年、古典研究の単位を取得。同年、アカデミー・ジュリアンのジュール・ジョゼフ・ルフェーブルとギュスターヴ・ブーランジェの下で学ぶため、パリに移った。ルーヴル美術館に入り浸って、ホルバイン、デューラー、アングルに魅せられた。これらの画家たちは、ヴァロットンの一生涯の手本ともなった。ヴァロットンの初期の絵は、たとえばアングル風の『Portrait de Mr Ursenbach(ウルゼンバッハ氏の肖像)』(1885年)がそうだが、アカデミックな伝統にしっかりと根付いている。1886年には『Autoportrait(自画像)』がサロンから名誉賞を与えられた。