アルボ

1831.06.18 - 1892.10.14
1 Works
1 Followers
1,428 Page Views

アルボ

ノルウェーの画家である。主にノルウェーの歴史や北欧神話を題材にした作品を手がけた。とりわけ『アスガルトスレイエン』(ワイルドハント)や、北欧神話に登場する女性、ワルキューレを描いた作品は有名である。学校の校長を務める父、クリスティアン・フレデリック・アルボと、母マリエ・クリスティアーネ・フォン・ローゼンの間に生まれ、ノルウェーのブスケルー県ドランメンにある、グルスコーゲンのグルスコーゲン・マナーで育った。兄弟のカール・オスカール・エウゲンは軍医で、ノルウェーにおける人類学の開拓者であった。子供時代を過ごした、グルスコーゲンの家は、1804年に、アルボの年長のいとこで、材木商で企業家であるピーター・ニコライ・アルボの夏の別荘として建てられたものだった。