エッシャー

1898.06.17 - 1972.03.27
1 Works
2 Followers
2,866 Page Views

エッシャー

ウッドカット、リトグラフ、メゾティントなどの版画製作でよく知られたオランダの画家(版画家)である。建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。1898年6月17日、レーワルデンにてお雇い外国人として来日したこともある土木技術者の父ジョージ・アーノルド・エッシャー (George Arnold Escher)と、その2番目の妻サラ・グレイマン (Sarah Gleichman) の間に、5人兄弟の末っ子としてラーレンにて生まれる。1903年にはアルンヘムに引っ越し、13歳まで土木技術について学び、ピアノのレッスンを受けていた。1912年から1918年まで中等学校に通う。絵は素晴らしかったが成績はあまり良くなく、2年生を2回やることになった。数学が全くできなかったと言っているのは自身の謙遜のよう