カサット

1844.05.22 - 1926.06.14
24 Works
2 Followers
720 Page Views

カサット

アメリカの画家・版画家。成人してからはフランスで生活することが多かった。そこで最初に友人になったのがエドガー・ドガで、後に印象派の展覧会にも出品した。カサットは、独特の力強いタッチで、母と子の親密な絆を、さらに、女性の社会的および私的生き方を、何度となく描き続けた。メアリー・カサットはペンシルベニア州アレゲニーに生まれた。父親のロバート・S・カサットは成功した株式仲買人、母親のキャサリン・ケルソー・ジョンストンは銀行家の家の出身という恵まれた環境だった。教育に不可欠だとして、世界中を旅行しながら育てられた。10歳になるまでに、ロンドン、パリ、ベルリンなど、いくつものヨーロッパの首都を回っていた。ちなみにカサットは、ロバート・ヘンリーのいとこでもあった。カサットはプロの画家になろうと決めた。もちろん家族は反対したが、