藤田嗣治(レオナール・フジタ)

1886.11.27 - 1968.01.29
34 Works
4 Followers
2,632 Page Views

藤田嗣治(レオナール・フジタ)

日本生まれの画家・彫刻家。戦前よりフランスのパリで活動、猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びたエコール・ド・パリの代表的な画家である。フランスに帰化後の洗礼名はレオナール・フジタ。藤田は子供の頃から絵を描き始める。父の転勤に伴い7歳から11歳まで熊本市で過ごした。小学校は熊本県師範学校附属小学校に通った。1900年、高等師範附属小学校を、1905年に高等師範附属中学校を卒業。その頃には、画家としてフランスへ留学したいと希望するようになる。