モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール

1704 - 1788
1 Works
1 Followers
2,020 Page Views

モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール

フランスのロココ期の画家。パステルを使った肖像画家として有名で、国王はじめ、宮廷人、知識人などを描いた。『ポンパドゥール侯爵夫人の肖像』は代表作のひとつ。