モリゾ

1841.01.14 - 1895.03.02
7 Works
3 Followers
2,700 Page Views

モリゾ

マネの絵画のモデルとしても知られる、19世紀印象派の女性画家。モリゾの画風は自然の緑を基調としたものが多く、穏やかで、母子の微笑ましい情景などが特徴的である。男性中心の19世紀における女性画家ということもあって、フェミニズム研究でのアプローチが多い。ベルト・モリゾはブールジュでシェール県官吏の子として生まれた。ベルトと姉のエドマ・モリゾは二人とも画家の道を志した。モリゾ家はロココ時代の画家ジャン・オノレ・フラゴナールの家系であると言われている。20歳の時から姉と共にバルビゾン派のジャン=バティスト・カミーユ・コローに師事。戸外での制作をはじめる。ベルトとエドマは共に画学生として励んでいたが、エドマの方は結婚して子供ができたために画家への道を諦めた。