ポッライオーロ

1433.01.17 - 1498.02.04
2 Works
1 Followers
1,890 Page Views

ポッライオーロ

ルネサンス期イタリアの画家、彫刻家、版画家、金細工師。また、エナメル技法に大きな貢献をした。アントニオ・デル・ポッライオーロはフィレンツェで生まれた。弟のピエロ・デル・ポッライオーロも画家で、よく一緒に仕事をした。2人の作品はともに古典主義の影響が見受けられ、また人体解剖学への関心の高さも示している。伝えられるところでは、兄弟は知識の向上のため、実際に解剖を行ったと言われている。ポッライオーロという筆名は、父親が鳥肉の売買をしていたことに由来している(イタリア語の pollaio は「鶏小屋」という意味)。アントニオは最初、金細工・金属細工を、父親かアンドレア・デル・カスターニョのどちらかから学んだ。カスターニョはおそらく絵も教えたのだろう。