ヴァロットン展

三菱一号館美術館 | 2014年06月14日 ~ 2014年09月23日
2 Works
1 Visiters
0 Followers
928 Page Views

ヴァロットン展

本展は、1994年に東京のブリヂストン美術館での版画作品のみの展覧会を除けば、ヴァロットンの回顧展として我が国で初めて開催されるものである。展示構成においては、画家独自の世界観を表す個性豊かな作品をテーマに沿って展観し、抑制された表現の裏に炎のような情熱を秘めた芸術家像を浮かび上がらせようと試みた。ヴァロットン独特の色使いが映えるよう、当館では初めての試みとなる鮮やかなピンクや黄色の壁紙を用いるなど、特に若い来館者にヴァロットンのポップで現代的な魅力をアピールするよう造作の工夫を行った。また日本展では特別に、パリの個人所蔵家およびヴァロットン財団のもとにあるヴァロットン旧蔵の浮世絵版画等を出品し、日本美術との関係を再検証した(ヴァロットンとジャポニスムについて考察した杉山の図録論文はパリ展図録にも収録された)。