オルセー美術館特別協力 生誕170周年 エミール・ガレ

サントリー美術館 | 2016年06月29日 ~ 2016年08月28日
0 Works
0 Visiters
0 Followers
164 Page Views

オルセー美術館特別協力 生誕170周年 エミール・ガレ

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ都市部を中心に沸き起こったアール・ヌーヴォー。絵画や彫刻、建築に限らず、生活の隅々にまで良質な芸術性を求めたこの様式は、幅広いジャンルの美術工芸品を発展させ、人々の暮らしを豊かに彩りました。こうしたなか、フランス東部ロレーヌ地方の古都ナンシーで、ガラス、陶器、家具において、独自の表現世界を展開したのが、エミール・ガレです。詩的で、幻想的、そして象徴的なガレの作品は、器であり、テーブルであり、形こそ用途を保ちながら、それに留まらない強いメッセージを放っています。見る者の内に深く染みわたり、心震わす彼の芸術性は、愛国心や異国への憧憬、また幼い頃から親しんだ植物学や生物学、文学などへの深い造詣に裏付けられています。本展は彼の創造性を、その源となった5つの柱から捉え直し、頂点を探る試みです。
該当する作品はありません。