ランス美術館展

熊本県立美術館 | 2016年07月16日 ~ 2016年09月04日
0 Works
0 Visiters
0 Followers
297 Page Views

ランス美術館展

フランス北東部のシャンパーニュ地方に位置するランス市は、歴代のフランス国王が戴冠式を行ってきた大聖堂を擁する歴史ある古都です。その中心街に今から1世紀前の1913年に開館したランス美術館は中世美術から現代美術まで幅広いコレクションを有し、とりわけフランス絵画の宝庫として世界的に知られています。シャンパーニュ地方はその名のとおりシャンパンの産地ですが、ランス美術館のコレクションもシャンパンで財を成した富豪たちによってその基礎が築かれました。 熊本県立美術館の開館40周年を記念して開催する本展覧会は、ランス美術館の所蔵する珠玉のフランス絵画を4つの章により一堂に紹介するものです。17・18世紀のバロック・ロココ絵画、ドラクロワやダヴィッドらのロマン派や新古典派の19世紀絵画、コロー、ミレーらのバルビゾン派、ピサロ、シスレー、ゴーギャンらの印象派やポスト印象派、そして熊本ゆかりの画家でフラン
該当する作品はありません。