オランジュリー美術館

21 Works
11 Visiters
4 Followers
1,614 Page Views

オランジュリー美術館

フランスのパリにある印象派とポスト印象派の美術館である。セザンヌ、マティス、モディリアーニ、モネ、ピカソ、ルノワール、シスレー、スーティンなどの作品を収蔵している。1区のコンコルド広場の隣、テュイルリー公園内にセーヌ川に面して建っている。もともとはテュイルリー宮殿のオレンジ温室(オランジュリー)だったが、1927年、モネの『睡蓮』の連作を収めるために美術館として整備されたのである。1965年からはフランスに寄贈されたジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨームコレクションの散逸を防ぐために保護に当たっている。1999年8月から改装のため永らく休館が続いていたが2006年5月再オープンした。1998年に讀賣新聞社と日本テレビが企画・主催して当美術館所蔵の『ジャン・ヴァルテル&ポール・ギョーム コレクション』の油彩画の公開展覧会が東京都渋谷区の東急Bunkamuraに於いて開催さ

みんなの「オランジュリー美術館」訪問日記

101787masayuki

2018.03.10 - 09:28 2012.08.13