4 Works
1 Visiters
0 Followers
648 Page Views

岡田美術館

神奈川県足柄下郡箱根町にある私設美術館。ユニバーサルエンターテインメント系列。2013年10月4日、実業家でユニバーサルエンターテインメント創業者の岡田和生の収集した、東洋・日本美術コレクションを展示する目的で設立された美術館である。古代から現代にいたる中国、韓国、日本の陶磁器を中心に、日本美術は主に近世、近代の日本画を所蔵している。岡田は最初美術ファンに過ぎなかったが、「雪松群禽図屏風」との出会いが、コレクションひいては美術館設立のきっかけになったという。美術館は、明治時代に「開化亭」というホテルのあった跡地に5階建てで建設された。その敷地は美術館が多い箱根においても屈指の広さを持っている。美術館正面には640枚の金地パネルに描かれた福井江太郎の「風・刻(とき)」と題した風神雷神の大壁画が飾られている。この大壁画の前には足湯カフェも併設されている。