Elie:270

11 Watched Works
0 Went Exhibition
49 Went Museum
0 Annotations
 

一般人

of MuseumAnote

Elie

270 points

to the next rank

27%
270/1,000

Total Point

270

Good Point

1

Action Point

269

Good Point

Action Point

11 Watched Works
鑑賞作品数

絵画鑑賞日記
作成済 : 5 | 未作成 : 6
0 Went Exhibitions
訪問企画展数

企画展訪問日記
作成済 : 0 | 未作成 : 0
49 Went Museums
訪問美術館数

美術館訪問日記
作成済 : 0 | 未作成 : 49
0 Posted Annotations
Annotation数
1 Collections
Myコレクション数

企画展
開催中 : 0 | 未開催 : 1

美沙さんが「落穂拾い 」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
収穫した穀物等を貯蔵する建物。

美沙さんが「落穂拾い 」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
拾い集めた穂を左手にまとめ持ち、腰に手を当てながら前傾姿勢で穂を探している。

美沙さんが「落穂拾い 」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
人差し指を伸ばして、刈り入れが終わった地面におちている穂を今まさに摘み取ろうとしている。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
画面の上半分を占める広く青い空。空の青さは奥から手前にかけて濃い青となり、そこに描かれている白い雲は奥から手前にかけて鮮明に描かれ、画面の広がりを絶妙に表現している。この空の表現があってこそ、画面下部のひなげしの斜面を引き立たせている。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
ここにも一組の親子が描かれている。これもカミーユとジャンとする説があり、丘から斜面を下ってきた二人の時間の経過を表しているとも言われている。一方、女性のドレスは異なっており、子供の帽子に赤いリボンが無いことからも、別の親子とする説もある。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
日傘は右ひじにかけて倒すようにしている。カミーユの顔を描きたいがためにこのようなポーズにしたのかもしれない。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
妻のカミーユ。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
柔らかな草原の中に描かれた妻と息子。何故だかジーンとくる。改めてもう一度オルセーを訪れてこの絵を見てみたくなった。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
手には摘み取ったひなげしを持っている。斜面を下ってくる途中でいくつかを摘み取ったのかと思われる。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
ジャンが被っているこの麦わら帽子には、赤色のリボンが巻き付けられており、他の作品で描かれているジャンがこの帽子を被っていることもあり、当時ジャンがいつもかぶっていたお気に入りの帽子だったと思われる。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
息子のジャン。まだ小さな彼は背丈の高いひなげしの草原に埋もれているようにえがかれている。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
絵の中心には空と地面をつなぐ境目があるが、その中心に一つの建物を描くことにより空と、ひなげしの草原をつなぎとめている。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
1本の背丈の高い木。周囲の他の木々とはことなり、一枚の絵に奥行きを感じさせる。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
左上の丘から、手前にひなげしの斜面を下ってきたカミーユとジャンが通ってきた小道が確認できる。

美沙さんが「ひなげし」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
斜面に咲いた多くのひなげしの花。キャンバスの半分を占める上部の青い空と、この鮮やかなひなげしの赤色が絶妙なコントラストとなり、幸福な時をささやかに過ごしていたモネの心情を表している。

美沙さんが「陽光のなかの裸婦」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
木の幹が描かれている。背景の中で唯一の木。もしこれが無いと、ただの草原のようにも見えるが、この太い木があることによって、これらの木々から伸びた葉の間から、優しい日の光がこぼれ落ちていることを理解することができる。

美沙さんが「陽光のなかの裸婦」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
真珠のような白くつややかな肌の上には、木々の間からこぼれ落ちた日の光が、まだらに落ちている。印象派のテーマでもあった光を、女性の肌の上に表現しようとした着想は、今の時代においても関心させられる。

美沙さんが「陽光のなかの裸婦」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
柔らかい女性の肩のラインも非常に美しく描かれている。

美沙さんが「陽光のなかの裸婦」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
左手の薬指に指輪を付けている。絵の構成からすると、この指輪は見落とすくらいに小さなものではあるが、この指輪があるのと無いのでは、絵の印象がかなり異なってくると思われる。

美沙さんが「陽光のなかの裸婦」にAnnotationを付けました。

2022年09月11日
金のブレスレッド。一糸まとわぬ姿の中において、このブレスレッドと指輪だけは装飾品として身に着けている。