印象・日の出

Impression, soleil levant 1872年 48.0cm x 63.0cm
クロード・モネが1872年に描いた絵画であり、印象派の名前の由来ともなっている。フランス北西部の都市ル・アーヴルの港の風景をやわらかい筆の動きで描いている。モネは後にこの作品の題名について、「カタログに載せるために題名をつけてほしいといわれたが、これに『ル・アーヴルの眺め』という題をつけることはできなかった。そこで『印象』としてほしいと言った。」と説明している。