マルモッタン・モネ美術館

26 Works
5 Visiters
2 Followers
625 Page Views

マルモッタン・モネ美術館

パリにある美術館である。フランス印象派の画家クロード・モネの作品のコレクションで知られる。パリ市内、ブローニュの森にほど近く、世界最大級のモネのコレクションを収蔵する。特に印象派という流派名の由来となったモネの代表作『印象・日の出』を所蔵することで名高い。美術館の基礎をつくったのは美術史家・収集家のポール・マルモッタン(1856-1932)であった。美術館の建物は1840年、ヴァルミー公爵が狩猟用に建てたものを、ポールの父でジロンド県の役人であったジュール・マルモッタンが1882年に購入し、邸宅に改造したものである。ポール・マルモッタンの死後、彼の美術コレクションはアカデミー・デ・ボザールに寄贈され、1934年から美術館として公開された。なお、ポール・マルモッタンの収集品は印象派絵画ではなく、新古典主義(ナポレオンの時代に流行した絵画様式)の絵画と、アンピール様式の調度品であった。1