クリムト

1862.07.14 - 1918.02.06
10 Works
9 Followers
1,278 Page Views

クリムト

帝政オーストリアの画家。グスタフ・クリムトは1862年にウィーン郊外のバウムガルテン(ペンツィング)に生まれた。父エルンストはボヘミア出身の彫版師、母アンナは地元ウィーン出身であり、クリムトは7人兄弟の第2子であった。ウィーン7区(ノイバウ)の小学校で学んだ後、1876年に博物館付属工芸学校に入学した。後に弟のエルンスト(Ernst Klimt)とゲオルク(Georg Klimt)もこの学校に学び、それぞれ彫刻師、彫金師となってクリムトの作品を飾る額の設計をおこなっている。工芸学校でクリムトは石膏像のデッサンや古典作品の模写を中心とした古典主義的な教育を受けた。1879年にクリムトは弟エルンストおよび友人のフランツ・マッチ(Franz Matsch)と共に共同で美術やデザインの請負を始めた。ウィーンの美術史美術館の装飾の仕事などを行っている。『ユディトI』1901年 出典:wikipedia